岐阜市中西郷にあります鍼灸専門の鍼灸院です。
肩こりや腰痛、逆子でお困りの方、交通事故のむち打ちでお困りの方、疳の虫や夜泣き等に小児はりも行ってます。

健康保険(一部) 労災 交通事故 生活保護取り扱い

はりきゅう 小児はり 安寿堂
岐阜県岐阜市中西郷5-5-11
ナオレハリキュウ
(予約優先)℡:058-215-7089
HP:http://anjudou.com
E-mail:info@anjudou.com
岐阜バス西郷線「学ヶ丘」下車徒歩4分

HOME > 小児はりってなあに?

小児はりってなあに?

          小児はり小児はりとは、江戸時代中期頃から日本で発祥した伝統的なこどものはり療法です。
小児はりでは、刺すはりを使用するのではなく、刺さないはり使い皮膚表面を軽くなでたり押したりする程度の小さな刺激を主とした優しい治療法です。
「ささない」、「痛くない」、「あつくない」が基本です
こどもの体は未発達のため感受性が高く、大人のような刺すはりを使用しません。
お時間も10分程度で終わります。
お子さんの神経のたかぶりをしずめ精神的にリラックスさせて、ストレスを解消することで健やかな成長を促します。
おもに関西地方で発展し生活に根付いた一般的な治療法ですが、残念ながら岐阜ではまだまだそういった習慣もなく一般的にあまり知られていません。
私は勤務していました鍼灸院では小児はりの患者さんも多く、その素晴らしさに触れ携わることができました。
故郷に戻り開業し、小児はりがもっと生活の中に広がることを願っています。

小児はりで一番有名なのは「疳の虫」の治療。
小児はりは、「ムシのはり」とも呼ばれてました。
治療はお母さんと、お父さん一緒に、だっこされたままでも大丈夫ですのでおこさんも安心です。
最初は「なにされるのだろう?」と思って怖い感じがしますが、一度やってみるとお子さんも好きになってくれますよ。

お子さんは大事な大事な「宝」。その大事な宝の健やかの成長の為に小児はりをぜひお試しください。

適応年齢

生後20日~小学6年生

適応疾患

・疳の虫(かんのむし)
・夜尿症
・小児ぜんそく
・アトピー性皮膚炎
・夜泣き
・チック症           等

最近ではかなり増えています子どものアレルギーやぜんそくなども、小児はりによってお時間はかかりますが定期的に受けることで体質を改善し、症状の軽減ができます。
ご自宅での、予防法もお教えいたします。 

治療は、最初は数回続けられるのが一番です。
おうちが遠い場合などは、お教えします予防法で次の治療までの間おうちでやってください。
その後は、週に1回~月に1回定期的に治療することをおすすめいたします。         

不適応症

高熱時(38℃以上)や、急性症状脱臼骨折がある場合は小児はりを行えません。
お近くの内科や、小児科の受診をおすすめいたします。









漢方を行っているクリニック紹介


ブログ「はりきゅう師の独り言!!」

下記の地域からご来院いただいています

岐阜県岐阜市、羽島市、各務原市、山県市、瑞穂市、本巣市、大垣市、海津市、関市、美濃加茂市、可児市、郡上市、羽島郡、本巣郡、養老郡、不破郡、安八郡、揖斐郡、加茂郡、可児郡、三重県桑名市、三重県津市、三重県四日市市、愛知県名古屋市、愛知県一宮市、愛知県北名古屋市、愛知県稲沢市、愛知県知多市、愛知県豊橋市、愛知県豊田市、愛知県安城市、静岡県浜松市、滋賀県長浜市、滋賀県彦根市、滋賀県米原市、長野県飯田市

ご連絡先はこちら

鍼灸専門 はりきゅう 小児はり 安寿堂
岐阜県岐阜市中西郷5-5-11
岐阜バス西郷線「学ヶ丘」下車徒歩4分
URL:http://anjudou.com
E-mail:info@anjudou.com
(予約優先)
電話:058-215-7089(ナオレハリキュウ)

診療時間

午前 8:30~12:30
午後 14:30~19:30
※水曜日午後は17:00まで
※土曜日は午前のみ13:00まで

休診日

日曜日、祝日

取り扱い保険

一部健康保険(要医師同意書)
労災
生活保護
交通事故
傷害保険

所属団体

(公社)全日本鍼灸学会
(公社)日本鍼灸師会
(一社)岐阜県鍼灸師会
(一社)日本小児はり学会
(協)岐阜県鍼師灸師マッサージ師会
日本伝統鍼灸学会
東京スキンタッチ会
(一社)日本超音波骨軟組織学会

免許登録番号

はり師:第125395号
きゅう師:第125390号

その他

岐阜県子育て家庭応援キャンペーン事業参加店舗